家族の事を最も考えている家族葬

  • 友人や近所の方の家族葬について

    • 余計な儀式やコストを省いて、シンプルにできる小規模なお葬式の形として、家族葬が広まりつつあります。

      日本経済新聞の情報を見つけよう。

      家族葬には明確なルールが無く、各家庭の裁量に任せられているので、通夜や告別式を省略したり、お寺を呼ばない、香典を拒否しているなど、それぞれにスタイルが違います。
      もしも知人や友人に不幸があって、その葬儀が家族葬で行われると知った場合、自分が参列してもよいのか、どのように弔意を表せばよいのか、迷われる方も多いでしょう。

      原則として、明確に参列をお願いされていない限りは参列するべきではありません。
      家族葬には返礼品が必要になるようなものは送ってはならないというのが暗黙のマナーですから、近親者でないなら香典や供花、供物は送らないほうがよいでしょう。



      どうしても気になる場合は弔電を送るという手段もありますが、遺族の、身内だけで静かに故人を送りたいという思いを汲んで、遠慮するのも思いやりです。


      葬儀に参列することはできなくても、その後にお線香を上げさせてもらうことはできますから、遺族に訪問してよいか直接確認して、その際にお悔やみの挨拶をしましょう。

      ご近所の方が亡くなった場合、通知で葬儀が家族葬で行われることを知ったときは、贈答用のお線香など、香典に代わるちょっとしたものを御供(ごくう)として差し上げるとよいです。
      斎場や日時が分かっている場合は、斎場に問い合わせると、一般の会葬者を受け入れる葬儀かどうかを教えてくれます。



top