家族の事を最も考えている家族葬

  • 家族葬を行う際の注意点

    • 家族葬は、参列者を近親者に限定したり、余計な儀式を省くことで、コンパクトでシンプルに行えるようにした葬儀のいち形式です。

      故人が高齢で招く人が少なかったり、費用を抑えたかったり、さまざまな理由からこの葬儀の形が近年よく選ばれています。

      産経ニュースに関する情報に追加しています。

      社交辞令的な参列者を招く規模の大きなお葬式では、儀式の行程の多さや、大人数の通夜ぶるまいや返礼品の用意など、遺族には大きな負担がかかりますし、費用もかさみます。


      家族葬という小規模でカスタム可能なお葬式の形は、現代人の価値観や生活スタイル、経済状況の変化にマッチしているということでしょう。



      家族葬には明確なルールが決められていないため、どのような儀式をどのように行うのかをある程度自由に遺族が決められます。

      中には同居家族だけで火葬場で見送るのみという、最小限の供養にとどめて行う家庭もあるほどです。
      しかし注意しなければならないことは、親族やお世話になるお寺に相談の上、了承を得て行わなければ、後々思わぬトラブルになるおそれがあることです。
      宗教的に、通夜には故人を供養しお清めするという意味があるため、通夜を省略した場合に、お寺によっては納骨を拒否されてしまうことがあります。



      規模が小規模というだけで、家族葬であっても基本的には一般的な葬儀と同じように通夜、葬儀、告別式を行います。

      近親者だけを招くといっても、遺族がどのようなお葬式にすることを想定しているか、弔問する側には分かりませんから、近所の方や勤め先の方などには、参列や香典を断ることを早めに知らせましょう。

top