家族の事を最も考えている家族葬

  • 家族葬にもさまざまなプランが

    • 家族葬は、近年急速に増えてきた葬儀形態で、現在では葬儀の3割を占めています。

      つい20年ほど前には、その存在さえ知らない人が大半であった新しい形態ですので、定義はありません。
      需要が多いため、葬儀各社がさまざまなプランを設定していますが、希望に合うプランがないときは、臨機応変に対応する葬儀社も多いです。

      本当に役に立つマイナビニュース情報を探しましょう。

      家族葬は、家族だけでおこなう葬儀ですから、家族の希望に沿って、いかような形にすることも可能です。祭壇も自由に決められますし、宗教関係者を呼ぶ呼ばないも自由です。
      家族水入らずで最後の時を過ごしたいという意向が最優先ですので、しきたりなどにとらわれる必要はまったくありません。霊柩車や、資格がないとできない手続だけ葬儀社に依頼するという方法もあります。



      主体は遺族です。


      こうした形態は、長らく人々が望んできたあり方のようで、インターネットが普及して、誰でも情報が短時間で得られるようになるや、せきを切ったような増え方をしました。

      従来型の葬儀は、もはや4割ほどしかおこなわれていません。

      家族葬をしたいという漠然とした希望があっても、横並び意識から、なかなか踏み切れないというようなことはもうなくなりつつあります。



      今後は更に増えていくことでしょう。

      家族葬を扱っていない葬儀社というのは、もはやほとんどなくなっています。
      今後は家族葬をするかどうかよりも、どのようにおこなうかが、ポイントとなっていくことでしょう。

top