家族の事を最も考えている家族葬

  • 家族の事を最も考えている家族葬

    • 葬儀というのは悲しいものなので、できれば出席したくないと感じるのは当然のことです。しかし、葬儀には行なう明確な理由があるので、滞りなく済ませる事で故人のためにもなります。

      そこで、近頃支持を得ているものが家族葬と呼ばれる方式です。


      家族葬は、これまで深い関係性にあった家族との別れを第一に考えた形式であり、従来の方式とは大きく異なります。

      一般的な葬式というのは、社会的な面や宗教的な面が重要視されるのですが、家族葬なら身内との別れが最優先されます。


      そのため、形式ばかりを考えてしまい、これまでの思い出などに思いを馳せることができないという実情があります。

      こうした点から理解できるように、とにかく雰囲気がアットホームだという印象が強く感じられます。

      これまであまり関わりが無かったのに、葬式の時だけ参列されても対応の仕方が難しいですし、相手にも気を使わせてしまいます。



      喪主が子供などでまだ年齢が若いのなら馴染みが無い方に対して対応することが大きなストレスにはならないものの、配偶者など高齢の方の場合は心労に繋がってしまうのです。

      そういった負担を軽くするという名目でも家族葬は望ましい仕組みだと言えるわけです。



      そして、家族葬はとにかく出費が抑えられるという一面があり、近年話題になることも多い金銭的なトラブルに見舞われずに済みます。

      生前から金銭面を心配し、亡くなった時には身内だけで小さく済ませてほしいと願い出る方も多いほどです。

      毎日新聞の情報はここで調べよう。

  • サポート情報

    • 自分が亡くなった時に、どのようなお葬式にしようかと思ったことはありませんか。最近は、身近な人だけで行う家族葬を選ぶ人が増えています。...

  • 社会について情報

    • 家族葬は、近年急速に増えてきた葬儀形態で、現在では葬儀の3割を占めています。つい20年ほど前には、その存在さえ知らない人が大半であった新しい形態ですので、定義はありません。...

  • 耳より情報

    • 家族葬は、参列者を近親者に限定したり、余計な儀式を省くことで、コンパクトでシンプルに行えるようにした葬儀のいち形式です。故人が高齢で招く人が少なかったり、費用を抑えたかったり、さまざまな理由からこの葬儀の形が近年よく選ばれています。...

  • わかりやすい情報

    • 余計な儀式やコストを省いて、シンプルにできる小規模なお葬式の形として、家族葬が広まりつつあります。家族葬には明確なルールが無く、各家庭の裁量に任せられているので、通夜や告別式を省略したり、お寺を呼ばない、香典を拒否しているなど、それぞれにスタイルが違います。...

top